自然の眺めが晴天には美しく、一方、雨が降ったら降ったですばらしいこと。「奇」は普通とは違ってすぐれているという意味。晴好雨奇(せいこううき)。蘇軾(そしょく)の詩から。 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ]. 昔の人たちが、いろいろな思いを込めてつくり出した数多くの美しい言葉があります。 ここでは、それらのなかから、ほんのちょっとを拾いあつめてみました。 「驟雨」「幽玄」「夕影草」「日雷」など幻想的な言葉、神秘的な言葉を集めて一覧にまとめました。紹介している言葉のほとんどが古い言葉で難読な漢字の熟語になっていますが、古い言葉には美しい言葉がたくさんあります。名付けや創作を行っている方の参考にもなるかもしれません。 感動的な文章の膨大な例文集。耳にした者の心を揺さぶる言葉のデーターベース。独創的な気持ちの表現。心動かす風景の表現。グルメレポーターも悔しがる料理の味の伝え方、など。 自然や季節を表す. 自然の景色や風景をぴったりの言葉で上手に表現したいと思ったときに使えるのが四字熟語です。四字熟語と聞くと難しく考えてしまいますが、四字熟語の中には意味の判りやすいものもあります。今回は四字熟語の意味を知るとその風景が簡単にイメージできるものをご紹介します。 古風で響きのい綺麗な言葉を集めて一覧にまとめました。日本の美しい言葉の中から漢字3文字の熟語で、日本らしい情緒のある言葉を読み方・意味付きで紹介しています。 お堅いイメージがある四字熟語の中で、女性向けの綺麗かつ美しい意味を持つ言葉を、一挙にまとめてみました。たった四文字の漢字が織りなす美麗な言葉を知って、内な... 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 どこからともなく漂いくる花の香りと、月光などに照らされて、まばらに映る木々などの影の意。多く梅の花や梅の木についていう。▽「暗香」はどこからともなく漂うよい香り。また、暗闇くらやみの中に漂うよい香り。花の香り、特に梅花の香りをいうことが多い。, 一目でかなたまで広々と見渡されること。見晴らしのよいたとえ。また、広々として見渡される美しい景色のたとえ。▽「無垠」は果てしないこと。「垠」は地の果て。「一望いちぼう垠はて無なし」と訓読する。, 冬が終わり春が来ること。新年が来ること。また、悪いことが続いた後で幸運に向かうこと。陰の気がきわまって陽の気にかえる意から。▽もと易えきの語。陰暦十月は坤こんの卦かにあたり、十一月は復の卦にあたり、陰ばかりの中に陽が戻って来たことになる。「復」は陰暦十一月、また、冬至のこと。, 海などの水面が、はるかかなたまで青々と広がっていること。▽「碧」は青・青緑・濃い青の色で、海や湖などのたとえ。「頃」は面積の単位。一頃は百畝ひゃっぽで、周代では百八十二アール、宋そう代では五百六十六アール。「万頃」はきわめて広いたとえ。, 水面がもやなどで遠くまで煙って、空と水面の境界がぼんやりしてはっきりとしないさま。▽「縹渺」はぼんやりしてかすかなさま。「煙」は「烟」、「渺」は「緲」「眇」とも書く。, 桜の花が満開になって、みごとに咲き乱れているさま。▽「爛漫」は花が咲き乱れるさま。, 春の美しい景色の形容。また、色とりどりの華やかな装いの形容。また、人手を加えていない自然のままの美しさのこと。花は紅に柳は緑の意。▽「柳緑花紅りゅうりょくかこう」ともいう。, 夏のこと。また、夏の最も暑いころをいう。▽「九夏」は九旬の夏の意で、夏の九十日間。夏いっぱいを指す。「三伏」は初伏(夏至げし後の三度目の庚かのえの日)、中伏(四度目の庚の日)、末伏(立秋後の初めての庚の日)のこと。夏の最も暑い時期をいう。, 秋の気候のさっぱりとすがすがしいさま。秋の景色のすがすがしいさま。▽「刻露」は木の葉が落ちて、山の姿が厳しく現れること。「清秀」は気が澄んで清く、眺めの秀麗なさま。, 冬季に寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。また、気候がだんだん暖かくなる意にも用いる。, 自然の風景が清浄で美しいこと。日の光の中で山は紫にかすみ、川は澄みきって美しい意から。, 秋風が吹き、物さびしいさま。盛んであった物事の勢いが衰えて、物さびしいたとえとしても用いられる。▽「索莫」は物さびしいさま。また、失意のさま。「莫」は「寞」「漠」とも書く。, 春になって寒さがぶり返し、肌寒く感じられるさま。▽「春寒」は春になってぶりかえした寒さ。「料」は肌をなで触れる意。「峭」は厳しい意。, 春の日にふと感じる物悲しさと、秋にふと感じる寂しい思い。よい気候のときに、なんとなく気がふさぐこと。また、いつも心のどこかに悲しみや悩みがあること。▽「春愁」は春の日のもの思い、春に感じる哀愁、「秋思」は秋の寂しいもの思いの意。, 春の日が長く、暮れるのが遅いさま。春の日がうららかでのどかなさま。▽「遅遅」は日が長く、のどかなさまをいう。, 春の景色ののどかなさま。春風がそよそよと気持ちよく吹くさま。また、温和でのんびりとした人柄のたとえ。▽「駘蕩」は春ののどかなさま。のびのびしたさま。, 春の日の穏やかで、光の明るいさま。春の穏やかで、明るい陽気のこと。▽「春和」は春の和らいだ様子。「景」は日差し・日光の意。「春はるは和やわらぎ景けいは明あきらかなり」と訓読する。, 空と水とが一つになって、明るく輝くさま。▽「上下」は天地、空と水をいう。「天光」は空一面に輝く日の光。ここではそれが水面にも映り輝き、天にも地にも光が満ちあふれたさまをいう。「上下」は「じょうげ」とも読む。, ほとんど人が入っていないような奥深く静かな大自然のこと。▽「深山」は人里遠く離れた奥深い山。「幽谷」は山奥深くにある静かな谷。, 秋の初めの涼しくなり始めたころは、明かりの下で読書をするのにふさわしい時期である意。▽「新涼」は初秋の涼しさ。「灯火」は「灯火親しむべき候」の略で、明かりの下で読書するのに適している季節の意。, 水と空とが一続きになって、一様に青々としていること。▽「水天」は水と空、海と空。「一碧」は一面に青い色となること。「碧」は深い青色、あおみどり。, 晴天でも雨天でもすばらしい景色のこと。自然の眺めが晴天には美しく、一方、雨が降ったら降ったですばらしいこと。▽「奇」は普通とは違ってすぐれている意。「水光瀲灔れんえんとして晴れ方まさに好よく、山色空濛くうもうとして雨も亦また奇なり」の略。「雨奇晴好うきせいこう」ともいう。, はるか遠くに山が見える様子。▽遠くに見える山が地平線と一つになって、まるで一本の髪の毛のように見えることからこう表現される。また、水平線を形容することもある。, 明るい月夜の静かで清らかな様子。明月と清らかな風の中の静かですがすがしいたたずまいの形容。また、風雅な遊びのこと。▽「清風」はさわやかですがすがしい風、「明月」は明るく澄みきった月の意。, 四季折々の自然の美しい景色のこと。また、それを見ながら、詩や歌を作ったりする風流なさまのこと。「風花雪月ふうかせつげつ」ともいう。, たくさんの山や川。山や川が続くこと。深山幽谷の形容。また、旅路の長くけわしいことの形容。▽「千」「万」は数の多いことを示す。「山水」は「山河」に同じ。行けども行けども山や川が続くという意味。「万水千山ばんすいせんざん」ともいう。, さまざまな花の色の形容。また、色とりどりに咲いている花のこと。▽「千」「万」は数の多いことを示す。, 長く続くみぎわと曲がりくねった入り江。曲がりくねって続いている海辺。▽「汀」はなぎさ・みぎわ、「浦」は浜辺・湾の意。, 冬の厳しい寒さのたとえ。また、極寒の地の寒さの形容。滴したたり落ちる水が氷になる意から。▽「滴水てきすい氷こおりを成なす」と訓読する。「氷」は「冰」とも書く。, 紅くれないの桃の花と、緑あざやかな柳の葉。美しくさまざまな色彩に満ちた春の景色のこと。▽「柳緑桃紅りゅうりょくとうこう」ともいう。, 海岸の美しい景観の形容。白い砂浜と青々とした松林の続く海岸線の意から。▽「砂」は「沙」とも書き、また、「さ」とも読む。, 夕暮れどきのうす暗いさま。▽「薄暮」は夕暮れ、たそがれどき。「薄」は迫る、近づく意。「暮」は日暮れ。夕方。「冥冥」は暗いさま。暗くて見分けにくいさま。, 自然の眺めが清らかで美しいこと。また、そのさま。▽「風光」は自然の眺め・景色。「明媚」は清らかで美しいさま。, 夕暮れどきの、徐々にあたりが薄暗くなっていく様子。▽「暮色」は夕暮れどきの薄暗い景色の意。「蒼然」は日暮れどきの薄暗さの意。「蒼然暮色そうぜんぼしょく」ともいう。, 花びらがはらはらと乱れ散るさま。▽「英」は花・花びら。「落英」は散る花びら、また、散った花びらのこと。「繽」は多く盛んなさま。「繽紛」は花の乱れ散るさま。, 春の野が花や緑に満ちて、美しい景色にあふれること。また、花柳界・遊郭のことを指すこともある。▽「柳暗」は柳が茂って、その陰がほの暗くなること、薄暗い様子。「花明」は花が咲いて明るい色があふれること。春の山水の美しい景色を表現したもの。南宋陸游りくゆうの「山西さんせいの村むらに遊あそぶ」(詩)の「柳暗花明又一村りゅうあんかめいまたいっそん」の句は有名。, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。. 言葉に興味が出たら、お嬢様言葉についても知りたくないですか?お嬢様言葉の一覧など下記の記事で紹介していますので、一覧を参考にお嬢様言葉を練習してみませんか。

chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, 自然の景色や風景をぴったりの言葉で上手に表現したいと思ったときに使えるのが四字熟語です。四字熟語と聞くと難しく考えてしまいますが、四字熟語の中には意味の判りやすいものもあります。今回は四字熟語の意味を知るとその風景が簡単にイメージできるものをご紹介します。, 風光明媚はよく耳にする四字熟語なのではないでしょうか。山や川などの自然の景色が清らかで、美しい様子を指し、すばらしく風景が良い様子を言い表した四字熟語です。「風光」とは自然の景色、風景を、「明媚」とは景色が清らかで美しいという意味です。, 花鳥風月は美しい自然の風景そのものという意味と、自然に親しんだり、自然を題材に詩歌を作って楽しむという意味もあります。この四字熟語も風光明媚と同じぐらい馴染みのある四字熟語ではないでしょうか。, 日本には春夏秋冬があり、季節それぞれの自然の美しい景色があります。そのことを四字熟語で雪月風花といいます。 自然の美しい景色という意味だけでなく、それを眺めながら詩歌を作ったりするという意味もあります。「 風花雪月(ふうかせつげつ)」ともいいます。, 山紫水明は自然の景色が清らかで美しいことを表す四字熟語で、「山紫」とは山が日光で紫にかすむ様子を、「水明」は川が澄みきって美しい様子を意味しています。景色がすっきりと見えるのも美しいですが、少し霞んでいる景色もまた美しいです。, 自然を表す四字熟語には美しい月が美しい夜を表現しているものもあります。この四字熟語は月が明るい静かで清らかな夜の景色を表しており、「明月」とは清らかな風が吹く中の静かで、すがすがしい佇まいという意味です。, 雨が降ったあとの景色を意味する四字熟語もあります。なんとなくどんよりとしていた空気が雨が降って綺麗に洗い流され、雨が止むと空はすっきりと晴れ渡っている、そんな雨上がりの景色を碧落一洗は言い表しています。, この四字熟語も耳にする機会が多いのではないでしょうか。百花繚乱はいろいろの花が咲き乱れていることを指します。「百花」はさまざまなさくさんの種類の花という意味で、「繚乱」は花などがたくさん咲き乱れている様子を表しています。, 日本ではいたるところで桜を見ることができますが、桜の花が満開になって咲き乱れている様子を言い表すときはこの四字熟語がぴったりです。「爛漫」は、花が美しく豊かに咲き乱れているという意味です。手紙などの時候のあいさつの言葉でも使われます。, 「千紫万紅」とは、さまざまな花の色、色とりどりに咲いている花という意味の四字熟語です。いろいろな形や色の花が一斉に咲く季節の春を表す四字熟語として使うのにぴったりです。千紫万紅の「千」と「万」は数の多いという意味があります。, 花が房になって咲いている枝が風に吹かれて優しく揺れている様子はとても綺麗です。その様子を言い表した四字熟語が花枝招展です。華やかな様子をいい、女性が着飾って歩く様子を言い表した言葉としても使われます。, 咲き乱れた花が散るとき、吹雪のようにたくさん舞うことを花吹雪といいますが、四字熟語の落英繽紛も同じような景色を表しており、花びらがはらはらと舞い散る様子を指します。「落英」は散る花びらや散ったあとの花びら、「繽紛」で花の乱れ散る様子という意味があります。, 春の自然や景色、季候を表す四字熟語には寒く厳しい冬から春になって暖かく穏やかになったことを表す四字熟語がいくつもあります。春和景明もそんな四字熟語の一つで、春になり、穏やかで、明るい日の光の様子という意味の四字熟語です。, 暖かく、穏やかになった春は花の季節でもあります。花紅柳緑は花が咲く春の美しい景色を表しています。また、人の手が加わっていないそのままの自然の美しさという意味でも使われます。「柳緑花紅(りゅうりょくかこう)」ともいいます。, 春風がそよそよと気持ちよく吹き、のどがな景色を表したのがこの四字熟語です。「駘蕩」には春ののどかなで、のびのびした様子という意味があります。また、のんびりとして、温和な人を例えるときの言葉にも使われます。, 春ののどかな風景を表す春風駘蕩と同じような意味の四字熟語として「鳥語花香(ちょうごかごう)」があります。趣深く、のどかな春の景色や情景を指す四字熟語です。, 日が長くなり、穏やかで、のどかな様子という意味を持つ四字熟語がこの春日遅遅です。日が短かった冬から春になって日が長くなった景色を表しています。「春日」には、春の太陽、「遅遅」には日が暮れるが遅くなるという意味があります。, 月が綺麗な夜を言い表した四字熟語だけでなく、月に照らされた花を指した四字熟語もあります。花天月地は花が綺麗に咲いて月の光に美しく照らされた春の景色を表しています。花が天を埋め尽くすほどに咲き乱れ、月の光が地上を照らすという意味がこの四字熟語にはあります。, 夏を表す四字熟語には暑い季節を意味するものがあります。九夏三伏は夏の最も暑くなる季節である土用のころを指す四字熟語です。「九夏」とは、夏の90日間のことで、「三伏」とは、初伏(夏至以降の三回目の庚(かのえ)の日)、中伏(四回目の庚の日)、末伏(立秋以降最初の庚の日)を指します。, 夏の空ではほかの季節よりも真っ白な雲を見ることができます。夏雲奇峰は夏の青々とした空に浮かぶ変わった形の白く美しい入道雲が峰のように連なっている景色をこの四字熟語は表しています。この四字熟語は中国の詩人が作った言葉とされています。, 太陽に照らされて白く綺麗な砂に松林が青々と茂っている日本の美しい海岸線のことを指すこの白砂青松という四字熟語は夏の季節を連想させるものではないでしょうか。同じ言葉の意味で「白沙青松」と書いたり、「はくしゃせいしょう」とも読むこともあります。, 涼しくなっていく秋の空気感を表した四字熟語の一つに刻露清秀があります。秋のすがすがしい景色、さっぱりとした気候をこの四字熟語で表すことができます。「刻露」とは落葉し、山の姿が現れることで、「清秀」は空気が澄み、眺めが美しい様子をいいます。, 「風霜高潔(ふうそうこうけつ)」、「天高気清(てんこうきせい)」など、すがすがしい澄み切った秋の景色を表す四字熟語はほかにもあります。, 秋になると青く晴れ渡った雲が一つもない綺麗な空を見る機会が増えます。秋天一碧はそんな秋の空を言い表した四字熟語で、真っ青な秋空を指します。「秋天」は秋の晴れた空のこと、「一碧」とは、見渡す限り青一色であることを意味しています。, 暑い夏の季節が終わって気温も涼しくなり、秋になるとどこか景色も寂しく感じてしまいます。秋の寂しい風景という意味があるこの四字熟語がぴったりです。「秋日」は字のままの意味で秋の日を指し、「荒涼」は荒れ果てたという意味があります。, 秋風索莫は秋の寂しさを表した秋日荒涼と意味が少し似ていますが、この四字熟語は秋風が吹いて感じるなんとなく寂しい景色を指しています。「索莫」は寂しい様子という意味があり、「莫」は「寞」「漠」と書くこともあります。, 秋はお月見の季節でもあります。初秋涼夕は美しい月が出て、さわやかな風が吹いている秋の夜を表すときにこの四字熟語が使えます。「初秋」は秋の初めのころのことを指し、「涼夕」は気温が下がって涼しい夜のことをいいます。, 秋から冬になると気温はさらに下がり、肌に感じる空気も冷たくなります。月寒江清はそんな冬の冷たい空気の中、冴え冴えとした月の光りをしんと静まり返った川面が照り返している夜の景色をこの四字熟語は言い表しています。, 冬の寒い日には雪が降りますが、そんな寒い中でも咲く花があります。雪中四友は雪の中に咲く四種類の花を指しています。四種類の花とは黄梅、ロウ梅、水仙、山茶花のことで、 この冬の花は画題としても好まれています。, 滴水成氷は冬の厳しい寒さを意味しています。冬のとても寒い日は滴る水もすぐに氷ることがあります。この四字熟語はそんな冬の寒い様子を表しています。また、極寒の地を言い表す言葉としても使われることがあります。, 冬の厳しい寒さを意味する四字熟語は滴水成氷のほかにも寒気凛冽というものがあります。この四字熟語は非常に厳しい冬の寒さを言い表しており、「凛冽」は氷に触れたときの身が引き締まる寒さという意味があります。, 四字熟語はたった四文字ですが、そこにはたくさんの自然の美しい景色や意味が込められています。美しい景色を簡潔に四文字の言葉で言い表すことができるのも四字熟語の魅力です。たくさんの美しい景色を楽しみながら四字熟語も使って楽しみましょう。.